免許合宿の選び方

事前準備~どんな免許を取得したいのか~
免許合宿の場所を選ぶ前にどんな免許を取得したいのかをしっかりと決めることが必要になる。免許といっても普通自動車免許ではMT(手動変速機)やAT(自動変速機)、バイク(自動二輪)、中型大型などいろいろある。また注意しなければならないのは、将来のことを考えて取る免許を決めなければいけないという点だ。年に数回程度レンタカーでドライブをするくらいなら、AT免許でいいだろう。しかし、将来スポーツカーに乗りたいと思っているのならMT免許を取得しなければ、いけない。なぜなら、スポーツカーのほとんどはMT使用になっているからである。免許をMTで取り直せばよいという考え方もあるだろうが、現実はそうはいかない。学生期間では、簡単に教習所に通う時間を確保出来るかもしれないが、就職をした後では時間の確保することはそう簡単ではないからだ。なので、将来的にも必要となる免許をしっかりと見極めることが大切なのである。

合宿所の選び方~重要視するポイントを決める~
取得したい免許が決まったら次は、合宿所を決める段階である。合宿受講が可能な教習所は全国に把握しきれないくらいある。その中から何を見て選定すればいいなのだろうか。選定の仕方は大きく分けて3種類ある。1つ目は、単純に金額が安く抑えられるところを選ぶこと。これは免許合宿比較サイトなどを使って料金体系や割引などを使って比較して、一番安いところを選ぶことで簡単に出来るだろう。学生ならば生協に行き、提携先が最安値の場合もある。しかし、値段だけで決められないのが免許合宿だ。2週間程度続けて滞在するため、合宿生活を満足行くものにするにはスタッフの対応なども重要になってくる。そこで、2つ目は、過去の受講者などの評判を見て安心できる教習所を選ぶこと。これは、各合宿所の口コミをネットで閲覧し、正しい情報を見分け、決断することが大切になってくる。最近では、業者による口コミサイトなども散見されるため情報の精査をしっかりと行うことだ。最後は、免許取得以外の+αな体験から選ぶことだ。+αな体験とは、自由時間での観光や、同じ合宿所に参加している受講者との交流だ。同時期に各所によって温泉に訪れたり、街を観光することができ、それは合宿所によって大きく変わってくる。また約2週間同じ宿で過ごす受講者が多くいるので自然と仲良くなり、今後の付き合いに発展することも多い。私自身その経験をした1人だ。
免許合宿の選び方は、本当に必要な免許の見極め、そして、免許合宿に求めているものは何かをしっかりと見つめ直し自分にあった内容で選ぶことが大切なのだ